架空映画館

※この映画館の映画は全てフィクションです。

『最悪な選択』(アメリカ・2016年)

皆さんは人生の中で大事な選択を迫られたことは何度あるでしょうか?

人生は選択の連続です。進学、就職、結婚。様々な場面で選択をしていかなければなりません。

また逆に、選択できない事柄もあります。生まれてくる時代や国、肌の色。子は生まれてくる親を選べないし、また親も子を選ぶことができません。

現代アメリカの考え方に多大な影響を与えたと言われているライホルトニーバーは自らの祈りの中でこう言っています。

 

「神よ、変えることのできないものを静穏に受け入れる力を与えてください。
変えるべきものを変える勇気を、
そして、変えられないものと変えるべきものを区別する賢さを与えて下さい。」

 

このニーバーの祈りに象徴される様に人生には選択出来ることと運命かのように選ぶことができない物事があるのです。

 

2016年のアメリカのコメディ映画

『最悪な選択』(原題:Life of Jack・J・Johnson)

もまさにそのテーマを取り扱っています。

この映画、原題を直訳すると「ジャック・J・ジョンソンの人生」となります。

その名の通り主人公ジャックの数奇で平凡な青春を描いたコメディ映画です。

 

[:目次]

・『最悪の選択』あらすじ

・登場人物

・見どころ

 ・『最悪の選択』が残した名言

 

あらすじ

カルフォルニアの田舎町に住むジャックはオタクな高校生。何をやっても裏目に出てしまう彼はアメフト部の連中に目をつけられるなど平均以下の高校生活を送っていた。卒業まで1年となり親友のバリーと脱オタク、脱童貞を決意する。二人の(童貞)人生をかけた一年が幕を明けた!

 

登場人物紹介

ジャック…主人公。本名はジャック・ジョン・ジョンソン。癖毛の痩身。母の祖父からジャック。洗礼名としてジョンと名付けられる。母親はカトリックの信徒だが、そうではない父親が洗礼名の事がよく分からず役所に申請したため、戸籍上、彼の名前はジャック・ジョンとなる。その名前のため幼少期からいじめの標的にされていた。高校の最後にイメージを払拭するため「J.J.」と周知するがJ.J.エイブラハムの『スターウォーズ/フォースの覚醒』がクラスで流行していたため結局いじられキャラになってしまう。やることなすことが裏目にでる不運な男子。

 

バリー…主人公の親友。太っている。本名はバリー・アレンDCコミックスの人気ヒーロー『フラッシュ』の主人公と同姓同名という理由でいじめられる。本人は名前自体は好きな様子。ジャックに童貞卒業を持ちかける。

 

ルーシー…クラスのヒロイン。ダンス部。誰とでも分け隔てなく接してくれる。アメフト部のデビットに言い寄られている。ジャックの狙い第一候補。

 

デビット…アメフト部のキャプテン。ジャックとバリーとも幼なじみでふたりをいじめていた張本人。いつもアメフト部で連んでいる。

 

キャサリン…金髪。ビッチ。いつも男友達に囲まれている。口調がきつい。

 

エマ…黒髪の不思議ちゃん。バリーの第一候補。

 

ナナコ…日本人。清楚な大和撫子と言われているが実は隠れビッチとの噂。

 

見どころ

まあよくあるアメリカンスクールコメディなのですがちょっと他の映画と違って面白いのは登場人物のほとんどがゲスいという点です。

まず主人公達、ジャックとバリーの目標は童貞卒業です。それ以外のことはどうでもよくてどの女の子で卒業するかしか考えていません。

物語の序盤ふたりが行うクラスの女子トーナメントで候補を決めていく様子はもうゲスい以外の言葉が出てきません。

その他の登場人物もほとんどゲスい本性を隠していたり向き合っていたり…。

そう言う様子はコメディ的に面白いと同時に、本性と理性。選べるものと選べないものを意識させられるのは人間の矛盾した二面性がとても上手に描かれているからだと思います。

 

『最悪の選択』が残した名言

あまり話題作として挙がらない本作ですが、映画ファンの間ではあるセリフが話題となりました。

主人公ジャックとバリーは童貞卒業計画の一部でBBQパーティーを企画します。誘ったルーシーがアメフト部の男達を連れてきてしまうと言うハプニングがありながらも長年の蟠りを解消するチャンスとも考え順調にパーティーは進みます。ほとんどが計画通りに進みジャックがルーシーと2人きりになりパーティーが盛り上がっているその時、コンロの火の不始末とアルコールで火事となり死傷者は出なかったものの自宅が全焼してしまいます。

みんなからは恨まれ、家も失った状態で行きつけのコミックカフェでバリーがジャックに尋ねます。

「これからどうする?」

その時にジャックが返した一言が映画ファン達に突き刺さりました。

 

「何度でも蘇ってやるさ。スパイダーマンの様に。新作になってね。」

 

この名言を解説するためにはスパイダーマンの解説が必要かもしれません。映画スパイダーマンは様々な監督、そして様々な俳優達が演じてきました。

有名なものだけでもあげるとサムライミ監督の『スパイダーマン

アンドリューガーフィールドが演じた『アメイジングスパイダーマン

そしてMCUの『スパイダーマン/ホームカミング』など

スパイダーマンだけでも沢山の映画が作られています。そしてそのどれもが繋がっていないのです。この様にスパイダーマンは常に新作が作られているという状態です。

これは映画ファン、特にアメコミファンの間では鉄板ネタでした。

そのためジャックのこの台詞は多くの映画ファンに刺さりこの映画が愛されている理由の一つであると言えるでしょう。

 

この台詞のシーンだけでも見る価値のある映画。『最悪の選択』是非お楽しみください。

 

 

スパイダーマン (字幕版)

スパイダーマン (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

アメイジング・スパイダーマン (吹替版)

アメイジング・スパイダーマン (吹替版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

スパイダーマン: ファー・フロム・ホーム (字幕版)

スパイダーマン: ファー・フロム・ホーム (字幕版)

  • 発売日: 2019/08/30
  • メディア: Prime Video
 

 

 

※この記事で紹介している映画の存在はフィクションです。実在の人物、団体とは関係ありません。